FC2ブログ
スポンサーリンク


赤ちゃんは無力な存在ではないのかも

今日は、沐浴の指導がありました。

普通の産婦さんは産科病棟で教えてくれますが、うちの子はNICUにいるので、そこで教えてもらいます。

ワクワクするより緊張しました!



まずは人形で練習しました。


人形はもちろん、うちの子より大きく肉厚があり、肌着を脱がせるのも一苦労


そして、いざ娘を沐浴

軽いけど重い!

私の力がないせいか。

そして、NICUは暑い

赤ちゃんたちのため、基本暑い!


こわごわお湯に浸け、頭を洗い体を洗い、洗い流して、産着を着せ、鼻と耳の掃除をして終了


汗だくだくになりました。

でも、気持ちよさそうな顔をして、羨ましい限り


妊娠した時、私が守らなくちゃって思ってたけど

私は守るどころか、私が先生や看護師さんに守られる存在で


そして、心折れそうな時に力をくれたのは、暴れん坊の娘の胎動


産まれた娘の足の動きは、お腹の時と同じ


もちろん、守るべき存在ではあるのだけど、娘を見てると、生きようっていう力強さを感じます。


私のほうが、どれだけ力をもらってたかって、ほんと思う

いつも応援ありがとうございます。
励みになっています。
にほんブログ村 マタニティーブログ ハイリスク妊娠・出産へ

スポンサーリンク
関連記事
後もう少しでNICU/GCU卒業です! | Home | 私たちのペースで

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

マツエク